左の写真の真ん中にいるのが成長したメスです。腹部の後ろに産卵管のあるのがわかります。まわりにいるのが幼虫です。並ぶと大きさの違いがよくわかりますね。
右の写真で、右側にいるのは成長したオスです。上の写真と比べると、オスとメスの体の違いがわかります。
右の写真は卵からかえって2週間ほどたったフタボシコオロギのようすです。
えさは専用のもののほか、キャベツや煮干しなどを与えています。
左の写真は、フタボシコオロギを飼っている様子です。フタボシコオロギは沖縄県や九州にすんでいます。あたたかくして飼うと、1年で何回かたまごをうみます。えさは、なすびやきゅうり、にぼしなどをやっています。